F30 320D BMW車の空気圧調整について

いつも名古屋南BMWのブログをご覧頂きありがとうございます。
本日はお車のご使用において大切な空気圧の調整についてのお話です。

お車の燃費等にも影響の出るタイヤの空気圧ですが、BMW車は全車にRPAという空気圧測定の機能が
搭載されております。
これは、各ホイールごとのタイヤの回転差を拾って、タイヤがパンクしている状態かどうか、
運転者に知らせるというものです。

このRPAですが、ご自身でタイヤの空気圧を調整頂いた後は、
空気圧のリセット(初期化)を行う必要があります。
この方法について、本日はご案内させて頂きます。

簡単に出来てしまいますので、皆様、空気圧調整後はリセットの作業をお願い致します。

まず、車両ごとの空気圧の規定値ですが、これは運転席側ドアの内側に
ラベルが貼りつけされているのでご確認下さい。

リセットの設定方法ですが、車両の年式等でのディスプレイの表示方法が若干異なりますが、
概ね以下の方法になります。
今回は、2016年式のF30 320Dのお車の写真です。
各項目でアイドライブコントローラーを操作して下さい
(基本的にコントローラーを回すのと、押すという操作になります)

↓まずアイドライブコントローラー上のメニューボタンから車両情報の画面に移動します。

↓次に車両ステータスの項目に移動します

↓次に上から二つ目の空気圧リセットの項目に移動します

↓最後に空気圧初期化の項目を押して頂いて終了になります。

以上になります。
いかがですか?
この作業をして頂かないと、空気圧の測定が正常に機能しない恐れがあります。

リセット作業の事でご不明な点等ございましたらお気軽に弊社サービスまでお問い合わせください。
皆様のお車を大切に整備させて頂きます。

◇ 名古屋南BMW ◇
名古屋市南区立脇町3-8
TEL 052-821-2002
営業時間 10:00~19:00 定休日 水曜


             

Facebook : 名古屋南BMW 公式Facebook

LINE : 名古屋南BMW 公式LINEアカウント

アクセス : 名古屋南BMW アクセス